筆跡心理学とは、統計学として確立された学問で、行動学とも深い関わりがあります。

筆跡心理学とは

筆跡心理学とは、筆跡に書く人の人間性がどのように表れるかを
心理学的に分析研究した学問です。
筆跡は「文字を書く」という行動の痕跡であり、「書く」という動作も、
「歩く」「座る」「話す」といった人間の一連の行動のひとつです。
いわば人間性とは個々の行動の仕方といえます。

書く人の日常生活での固有の特徴が文字を書くという行動にはどのように表れ、
どのような痕跡を残すかというところが筆跡心理学の出発点です。
筆跡に表れた筆跡特徴からは、書いた人固有の傾向を導き出すことができます。

筆跡の特徴はその人の日常の行動と必ず結びついています。

統計学として確立された学問 古来より、日本には数えきれないほどの人々の筆跡が残されています。
統計学として確立された学問 古来より、日本には数えきれないほどの人々の筆跡が残されています。

たとえば、日本最古の真蹟(本人が書いたもの。真筆)といわれる1400 年前、聖徳太子の『法華義疏』という肉筆書簡原本が奈良の正倉院に現存しています。
文書に書かれた筆跡を見ると、太子の文字の特徴がわかります。

そこには縦書きの流れに逆らって、あえて文字に長い横線を入れる特徴が見られ、太子の深層心理の中に「ほとばしる才気のエネルギー」があふれていたことが伝わってきます。

筆跡心理学はこうした有名無名の人々の筆跡と行動傾向を分析し、体系づけた統計学です。
特定の職業につく人や、特定の行動傾向を持つ人の筆跡には共通の特徴が見られることが、統計データにより裏付けられています。

行動学から見た筆跡心理学 「文字を書く」という行動が深層心理に影響を与えます。
行動学から見た筆跡心理学 「文字を書く」という行動が深層心理に影響を与えます。

行動を変えるとその人の考え方や心理も変わるように、筆跡の書き方を変えると、その人の行動も少しずつ変化していきます。これは「文字を書く」という行動が深層心理の影響を色濃く受けるのと同様、筆跡を変えることで深層心理に影響を与え、その後の行動や習慣が徐々に変化していくためで、数千人という実例により実証されています。つまり、筆跡から自分でも気付かない自分自身を知り、「こうなりたい」と願う人間像へと筆跡を通じて変わっていくことができるのです。

当学院は、単に筆跡診断の術を教えるだけでなく、筆跡を通して個々の人間性を深め、高めていくことを大切に考えています。筆跡は運命を変え導いていく力を持っています。

大切なことはどんなに良い学問であっても、最終的にはそれを扱う人間性に尽きるといっても過言ではないでしょう。学院のカリキュラムも全体を通して人間力を磨くことに重点を置いています。

筆跡診断の一例

堅実タイプ
タイプ
縦横の線がすべてつながっているタイプは、決して無駄づかいせず、コツコツと貯金に励みます。
生真面目な性格で、融通がきかない一面があります。
小金持ちタイプ
小金持ちタイプ
左上のつなぎ目が開いているので、収入は確実に入ってきます。
しかし、中の線がしっかり閉じているため貯められる容量が小さく、大きな資産は築けません。
浪費家タイプ
浪費家タイプ
上も下も隙間が大きく、入ってくる先からお金を使ってしまう浪費家です。
誰にでも気前よくおごるので人気はありますが、深い信頼を築くまでには至りません。
均整良好タイプ
均整良好タイプ
右下が閉じているため、左右に流れた収入を右側で貯め、左側で必要なものにお金を使うバランス感覚の持ち主です。将来設計もきちんと立てられる計画性のある人です。
不安定タイプ
不安定タイプ
仕事はしっかりするものの、金銭運に恵まれないタイプです。
金銭面で計画性がなく、無用な出費を重ね、自己嫌悪に陥ることもあります。

診断の結果は、いかがでしたか?
もしも好ましくない結果だったとしても、心配することはありません。
「田」という文字ひとつをとっても、筆跡は千差万別です。
そこからわかるのは金銭感覚だけではないのです。
さらに詳しく診断すれば、他の面についてもより深く知ることができます。

また、意識的に筆跡を変化させていくことで深層心理に働きかけ、
ご自身の理想に近づく
ことができるのも筆跡心理学のメリットです。
たとえば「浪費家タイプ」に当てはまった方の場合なら、
「堅実タイプ」の筆跡になるように、縦横の線をつなげて書くことを心がけましょう。
そうすることで心と行動が結びつき、理想へ向かって変化していきます。

受講生からの声

井上 尚子
井上 尚子
筆跡学を通して人間学を追究する授業では、鈴木先生のお言葉の一つ一つが胸に響き、豊かな人生を歩む上での指針を示していただいているようです。
学んでいて、楽しくどんどん染み込んでいくという感覚は初めてです。
大人になってからの勉強は喜びであり、筆跡心理学に踏み込んでみたら、味わい深い世界に出会うことができました。
加藤 潤子
加藤 潤子
当学院では筆跡心理学と人間学を同時に学ぶことができ、自然に人間性が磨かれていくのを毎回実感しております。 筆跡を変える事で、人生を自らの手で望む様に描くことができ、私も今ではカルチャーセンターの講師を務めさせて頂いております。月に1度仙台から通う東京校は、皆さん志の高い方ばかりで、教室へ通うたびに新しい人に出会うような発見と学びの連続です。
鉄本 光彦
鉄本 光彦
学院のシンボルマークである、大きなハートに包まれたペンと王冠。
鈴木先生を見ていると『本当にそのものだ』と思います。 書く字の変化は心の変化。ですが、知識だけではまだ足りない。 僕はここに、その不足を補って余りある物があると思っています。
井口 孝子
井口 孝子
人の顔と同様に、筆跡にも「表情」があります。温かな表情の人が好印象を与え、やがて良縁や幸福につながって行くように、筆跡にも同じ事が言えます。
では、どんな筆跡が良いのだろう・・・?と思ったこの瞬間がスタートです。
是非一度、学院の門を叩いてみてください。
楽しい筆跡の旅をご一緒にいたしましょう!
赤塚 千数
赤塚 千数
筆跡心理学を始めて10年が経ちます。知れば知るほど奥深い素晴らしい学問であると実感しています。心理分析に基づいた開運筆跡の実習など、様々な方向から自然に人間力を養う勉強をすることが出来ました。
研究科生としてより一層学びながら人生に楽しい筆跡の効用を生かして参りたいと思っています。
竹安 英治
竹安 英治
『筆跡は人間の書くという行動の結果、残された痕跡である』という言葉に強い関心を持ち、月一回のペースで受講を始めました。現在は、社内で人事採用の判断の一つとしても筆跡分析を有効活用しています。
筆跡には書いた本人も気づかない潜在的なメッセージが含まれています。
私自身、自分の筆跡が発信するメッセージから新たな自己理解ができたのは驚きであり、大きな収穫でした。
渡辺 宏子
渡辺 宏子
鈴木則子先生の講演に感銘を受け、筆跡を学んでおります。私はワインと料理の至福の喜びをお伝えするソムリエです。 筆跡の魅力は、年齢を問わずにどなたでも生かすことが出来ることころです。
基礎・中級・上級とスキルアップするにつれ、書く行為が生き方に影響することを実感しております。共に学ぶ素敵な皆様に乾杯!
長江 佐知子
長江 佐知子
ある日、書店でふと手にした鈴木先生のご著書が、筆跡心理学と私の新しい運命を切り拓く出逢いになりました。 入門して早や6年。講座を通してたくさんの気付きと温かい出逢いを頂きました。
学院のコンセプトでもある「一人ひとりが輝く人生を!」を胸に筆跡道を目指し歩んで参ります。
北原 明季
北原 明季
幸せになりたいと易学を過去に学んだ結果、運命の改善は難しいと断念。しかし、筆跡心理学の勉強で意識して筆跡を変えれば「こんなに幸せでいいの ?!」と目からウロコ、幸福を実感!感謝の日々です。
皆様、筆跡を学び、豊かな喜びの人生をつかんでください。
牧田 直子
牧田 直子
「思い通りの人生が作れる」 嘘だと思われるかもしれません。最初私も、字を見て性格がわかる技術がほしいと思って始めました。特別道具など必要なく、将来国家資格になれば、多分この受講料では学べないかなと即入会。筆跡から様々な方の心理がわかり、さらに脳に働きかけて、行動を変えられるなんて感動です!則子先生は、愛情豊かな女性です。先生とご縁があるだけで、開運しそうなお方です。ぜひ一度飛び込んでみてください。
PAGE TOP